ほんの記録

読書日記など、とりとめもなく

伊神満 『「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明』

メモ。

 だから「正しい」理論があるのではなく、何らかの「研究目的」に照らして「有意義」で「便利」な理論があるだけである。車を運転するときには道路地図を、電車で行くときには路線図を、登山ルートを決めるには地形図を使うのと同じだ。
この点を失念すると、ムダな論争に人生を浪費する羽目になる。くれぐれも注意してほしい。

 学説の「お勉強」そのものや、出来上がったモデル自体に価値はない。
 「どういう切り口から現実を解釈するか」
 試行錯誤するモデル化の過程こそが、真に貴重な経験なのだ。その経験こそが私たちの現実認識をシャープに、理論についての理解(妄想力)をディープにしてくれるだろう。(p185-6) 

 なるほど。

この本いいですよ。推理小説のように謎の解明を楽しみながらすいすい読める。
その合間に、こうした含蓄に富んだ言葉が時々飛び出してきて「おおっ!」となる。素晴らしい。
他に気に入ったのが次の部分。

彼(クリステンセン)の手法は、取材と、言葉による記述だけなので、良い意味でも悪い意味でも「フワッと」している。……現実のいろいろな側面を言い当ててはいるのだろうが、「答え」が何だったのか結局ウヤムヤのままだ。生煮えである。……

経済学的に煮詰めれば、「ジレンマ」のメカニズムも含めて、色々なことが自ずと明らかになるはずだ。
 そして、ひとたび事態が明確になれば、「では、どうすべきか?」という次なる問いに対して大局的な見地から答えることが出来る。
 それは経営学と経済学の幸福な分業である。泥臭い素材と洗練された調理法を結び付けることで、新しい知識やものの見方が生まれる。私はそういう研究が好きだ。(p155-6)

いい本読みました(まだ途中だけど)。

 

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

 
イノベーションのジレンマ 増補改訂版 (Harvard Business School Press)

イノベーションのジレンマ 増補改訂版 (Harvard Business School Press)